2007年07月05日

アイオライト パワーストーンの意味

アイオライト パワーストーンの意味
自信を喪失した時に、自分自身を取り戻す石とされ、目標に向かって正しく進むことができると、伝承されています。

その昔、方角が分からず立ち往生していると目的地にたどり着けないばかりか命の危険性も伴う航海の際に、バイキングはこの鉱物が、日光に向けて回すと色が変わる、などの特性を利用して、羅針盤の方角を割り出すのに使用していため、『海のサファイヤ』と呼ばれていたと言います。

また、その多色面を持ち合わせた色の為、見え方によってはサファイヤに似ている深い青もあると言われています。


色は、紫や濃紺、青など多面性の色をしており、そこから名称はギリシャ語で紫の意味のionと石の意味のlithosに由来してつけられたそうです。別名、コーディエライトと言い、この鉱物の研究者で地質学者のCordierの名前にちなんで名づけられました。

主な原産地はインドなどです。

人生の道に迷ったとき進むべき方向を示してくれるといわれる意味のパワーストーンです。

人生においては幾度か、進む道がわからなくなったり、迷いが生じたり、また、人生そのものの意味がわからなくなったりも、時にはしてしまうものです。

そんなときにも、進むべき方向のヒントをくれたり、昔から伝えられる羅針盤のように、進むべき方向へ導いてくれると伝えられているパワーストーンです。


多色性の石といわれるように、深い青や紫、または黒に近い濃紺色だったり、石によっては透明感が見えたり輝きが見える部分があったりと、同じ石でも違う表情を見せてくれるような色合いが魅力です。


●アイオライトの浄化・お手入れ

アイオライトはどの浄化方法でも基本的には問題がありません。
ただ、日光にあてると色が変色する可能性がありますので、太陽光よりは月光浴がオススメします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: アイオライトアイオライト(''iolite'')は和名を菫青石(きんせいせき)という。色は和名のとおり青みを帯びたすみれ色で、サファイアに似ていることからウォーターサファイアともよばれる。化学組成はM..
Weblog: パワーストーンと鉱物
Tracked: 2007-07-30 06:59

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。